有名なソープ街 | たまには高級ソープ店で性欲を発散し、心から癒されよう!

たまには高級ソープ店で性欲を発散し、心から癒されよう!

着物を着ているお姉さん

有名なソープ街

日本で一番の知名度を誇っているソープ街は東京都にある吉原だと思います。
昔から歴史のある吉原ですので、規模の大きさも日本全国にあるソープ街と比べても頭一つ抜きん出ているといえます。
また他の地域のソープ街と店舗数を比べても、やはり一番多いのは吉原です。
しかし有名なのは吉原だけではありません。
他の地域のソープ街も、それぞれの良さがあり甲乙つけがたいと思います。
関東で吉原にに次いで二番目の規模を誇っているソープ街があります。
それが神奈川県にある川崎のソープ街です。
川崎というと、昔は競馬場があったり、飲み屋や風俗街が多くて治安が悪いというイメージをお持ちの人たちもいるかもしれませんが、風俗の歴史も深く、一度は夜遊びに出掛けていただきたい地域の一つです。
川崎のソープ街は堀之内というエリアと、南町というアリアが存在します。
ここで、皆さんに一つ質問ですが「泡踊り」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
ちなみに、徳島県が発祥の地で有名な「阿波踊り」とは全く別物ですのでご注意ください……。
もちろん、ここでいう「泡踊り」とはソープランドに関係する言葉です。
ソープランドに詳しい通な人なら知っているかもしれませんが、マットの上にローションをまき散らして、ソープ嬢が自らの乳房や陰毛、女性器などを利用客の全身に擦り付ける行為のことを「泡踊り」といいます。
昔は石けんで行っていたので、泡が立ち正に「泡踊り」の状態だったのですが、「泡踊り」を複数回こなすとソープ嬢の柔肌に負担がかかってしまいまので、今ではローションを使うようになrました。
実はこの「泡踊り」の発祥の地が川崎にあったソープランドなんです。