ソープランドの旧称 | たまには高級ソープ店で性欲を発散し、心から癒されよう!

たまには高級ソープ店で性欲を発散し、心から癒されよう!

困っている様子

ソープランドの旧称

「泡踊り」という技を生み出し、ソープランドの歴史に名を残した川崎の堀之内ですが、技の堀之内という異名をもつのだそうです。
今現在では石けんはソープ嬢の肌に負担がかかってしまうために、ローションが使われています。
泡が立ちませんので、いまでは「マットプレイ」とか「ボディ洗い」などという言い方をしますが、最近では肌への負担が少ない優しいボディソープがあるため、ローションとそのボディソープを混ぜて泡立てて使うこともあります。
それにしても昔のソープ嬢は、正に自らの身体をボディタオルやボディブラシのように使い、疲れた殿方の心と身体を癒していのですね……畏敬の念を抱かずにはいられません。
しかもこの「泡踊り」を行う際には、手で利用客のペニスを刺激してしますので、快感も興奮も最高潮に達しますね。
しかし、ソープランドの長い歴史を持つ神奈川県ですのでソープ街があるのは川崎の、堀之内や南町だけではありません。
横浜にある福富町にもソープ街があるのです。
ソープランドは、その昔トルコ風呂と呼ばれていました。
なぜトルコ風呂なのかというと、中東でみられる伝統的な大衆浴場であるハンマームが日本に伝えられて、それが日本ではトルコ風呂と呼ばれるようになったのです。
本来のハンマームは蒸し風呂で、男性利用客には男性、女性利用客には女性の垢すり師がついて垢すりを行っていましたが、日本では独自の進化を遂げて男性利用客に対して衣服を着用した女性従業員が、サウナの中でマッサージを行うというものでした。
それが売春禁止法が制定されて以降、サービスが過激になっていき、現在に至るのです。